ご機嫌いかがですか?ビグモリ です。今回はHMBとプロテインについて調べてみました。HMBとプロテインはどっちがいいのか?どっちが筋肉付くんや~とネット上でも検索されているようです。

お馴染みのグーグルの検索画面にもこのように「HMB プロテイン」のキーワードが沢山出ます。

多くの方が「HMB」と「プロテイン」のに関する情報を得ようとしているようです。今回は、HMBとプロテインとの違いなど調べてみようと思います。果たして、HMBとプロテインはどちらがいいのか・・・?

また、マラソンにはHMBとプロテインのどちらが適しているのか・・・?調べられる範囲で調べてみました~ご参考になれば幸いでございます!!

HMBとプロテインの違いは?

そもそもHMBもプロテインもどちらも筋肉が付くものだから似たようなものじゃないの・・・?と思われる方もいるかと思いますが、実は全くの別物です。

default/10-espresso.png
ジャイアン
いや~意味がわからん!ちゃんと解説せー!

HMBを解説!?

これ↑意味わからんし
default/10-espresso.png
ジャイアン
これも意味わからん↑

HMBはロイシンの代謝産物のことを言います。代謝産物とは生物の生命活動に必須な代謝によって生成される産物のことで、ロイシンというのは必須アミノ酸の一つです。

【必須アミノ酸とは】
体内で作ることができなくて食事やサプリメントなどで外部から摂取する必要があるアミノ酸のことです。

【必須アミノ酸の種類として】
・トリプトファン
・リジン
・メチオニン
・フェニルアラニン
・トレオニン
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン

というものがあります。

この中でロイシンというものは、ちょっと特殊でロイシンは筋肉のもとになる筋タンパク質の合成にもっとも大切なアミノ酸のひとつなんです。このロイシンが筋肉や肝臓で代謝され生み出されたのがHMBなんです。

default/10-espresso.png
ジャイアン
ん~全然わからん!

HMBの主な働きとしては筋肉の分解を防ぎ、どちらかというと筋肉増強よりも、筋肉の疲労回復の力があります。激しいトレーニングをすると筋肉が疲弊し壊されてしまいますが、HMBを摂取していると筋肉の分解抑制をしてくれます。

default/10-espresso.png
ジャイアン
ほ~ほ~とにかく筋肉の分解を防ぎいいんだな!

ここで、HMBと一緒に肉や魚などのたんぱく質やプロテインなども一緒に摂ると筋肉がより効果的に付いていきます。

default/10-espresso.png
ジャイアン
わかる気はするが説明が微妙だな!おまえ!

説明下手でドウモトゥィマテ~ン!!!

default/10-espresso.png
ジャイアン
おまえふざけてたのか!!ぶちころす~!

参考サイト

リハビリmemo

https://sportsmario.co.jp/blog/fitnesstraining/protein_supplement_hmb/

ランニング部愛用のHMBです。↓

最近は右のこのHMBです↓


んで、プロテインはこれ↓このプロテインは値段が高いのよ!!なので大会や長距離ランをした時の専用です。


普段のプロテインはこんな感じです↓安い~(^^)/

プロテインについて解説!?

プロテインって・・・。たんぱく質ですよね。たんぱく質って、肉や魚や大豆や卵や牛乳などの乳製品のことですよね。

そうです!

プロテイン=たんぱく質 ということです。

残念ながら食事から摂ろうとしても・・・脂質まで摂れてしまうんですよね。例えばハンバーグ、焼肉、ステーキなどの肉類。鶏肉でも脂分は残ってしまいます。

効率よく太らずにたんぱく質を摂るならば、プロテインサプリメントで補うことが効率的なんです!!!ただ、プロテインを飲んで太ったという方もいます。そのような方は飲み方の問題が考えられます。

・牛乳で混ぜている
(牛乳も脂肪分を含みます)

・筋肉を付けようと主食も摂りすぎている可能性あり

・肉や魚の摂りすぎ
(脂肪分も含んでいます)

プロテインにもカロリーはありますが太る要素はありません。私個人のおすすめプロテインはこれです↓

飲んでる理由は味が上手い!チョコレート味です。水や牛乳で混ぜて飲みます。飲みにくいプロテインって続かないですよね。そのような方には良いかもしれません。

プロテインは味でしょ!!

プロテインをきれいに溶かすのにシェイカーはいるよ~!

結局、HMBとプロテインどっちがいいのか!?

どちらがいいのか!?どっちも摂取するのがいいですよ!というのが一般的な答えなんですが、HMBとプロテインのどちらか一つ選べというならば・・・目的ごとで違います。

ダイエット目的ならば

HMBです。HMBの主な働きとしては筋肉の分解を防ぎ、どちらかというと筋肉増強よりも、筋肉の疲労回復の力と脂肪減少の力があります。

筋肉量を維持することが、脂肪減少しやすくなるといわれています。例えば、体重制限のあるスポーツではカロリー制限をすると、大事な筋肉まで落としてしまいます。

その時に、筋肉を落とさず脂肪のみを落とすために「HMB」がおすすめできます。

筋肉を付けることが目的ならば

プロテインです。激しいトレーニングで筋肉は疲弊し傷つきますが、トレーニング後にプロテイン補給、睡眠を与えることで筋肉は修復されていき徐々に太くなり「超回復」します。

HMBだけを摂っていても筋肉は増えません。たんぱく質が不可欠となります。なので、筋肉を付けることが目的ならばプロテインですね。

マラソンにはHMBとプロテインのどっち?

ここでもHMBとプロテインのどちらも摂取することがおすすめです。というのが一般的な答えだと思いますが、マラソンは相当ハードです。

42.195km走ったら・・・

筋肉が激しく損傷してしまいます。

なので、筋肉の分解を防ぎ、筋肉の疲労回復の力がある「HMB」がおすすめできます。プロテインを摂っていなくても食事から「肉」や「魚」のたんぱく質を摂れますよね。

食欲がなかったりする場合はプロテインと一緒に摂取する方法もあります。

まとめ

結局ですが、HMBとプロテインはどちらもいいです。という答えとなってしまいます。プロテインは聞き馴染みがありますが、HMBは最近流行り始めたものでもあります。

各HMBメーカーが過剰に宣伝し過ぎておりプロテインは時代遅れ的な印象を与えているような気がします。HMBだけでは筋肉は付きません。HMBの摂取+運動で筋肉を使い「たんぱく質」と合わさり筋肉が付いていきます。

筋力を落とさず体重減少が目的ならば、HMBがおすすめできますね。ダイエットを目的とする方やこれから運動を始めた方にもHMBはおすすめできます。

効率よく時間を有効活用すると考えればHMBやプロテインは必需品と考える方もいるのでしょうね。

default/10-espresso.png
ジャイアン
俺のこと忘れてないか!?やっぱりころす~!

~Enjoy a limited life~

【関連記事】