こんにちは!ビグモリです。何を習っても何をしても続かないビグモリが唯一続けているのがランニングです。

年に数回はフルマラソンやハーフマラソンに参加しています(^_-)-☆

軽く自慢です。

今回、ふと思ったことがありまして・・・

マラソンで世界一を目指せるのかってこと!?

ビグモリがいうのは年代別で世界一!!

それもビグモリが80歳くらいになった時に世界一になってやろうと考えています。

今、ビグモリは36歳です。この年代で世界一は無理です。

なので、現在マラソンをやっている30代の人達が、徐々に年齢とともに引退していったりケガや病気で走らなくなる時が来るはずです。

周りが引退してもビグモリは続けて行きます。決して無理しないように本当に長~い目でみたトレーニングをしていきます。

続けることで「勝てる」って信じています。

世界最高齢は100歳のランナー!

インド生まれの英国人ファウジャ・シンさんはなんと、100歳でフルマラソンを完走しています。

タイムは公式記録として8時間25分16秒です。なんというか神の領域ではなかろうか!?

100歳でフルマラソンですよ!?42.195kmですよ。100歳でマラソンを走ろうと思うところが凄すぎます。

チャレンジすれば年齢は関係ない!!という次元をはるかに超えています。

ファウジャ・シンさんが長距離を始めた年齢も凄い!

長距離を始めたのが89歳の時だそうです。ヤバすぎる・・・((+_+))89歳からのチャレンジ精神!

ファウジャ・シンさんは89歳で長距離を始めて101歳で引退しています。ファウジャ・シンさんのフルマラソン最高タイムはカナダのトロント大会5時間40分4秒です。

因みに100歳でフルマラソン完走という記録達成の3日前には、100メートル~5000メートルの8種目競技で100歳以上の世界記録を樹立しています。

ビグモリの浅はかな考えですが、その年代では誰もやっていないことにチャレンジしてみることが何かしらの世界一を目指せる確率があるのではないか!?

それをSNSで拡散していけば世界一と認められる(^_-)-☆

考えてみよう☆

健康で長生きしている人の特徴

みんな共通しているのが体や頭を働かせているところではないかと思います。

よくネットやTVでコーラを飲むとか肉を食べるとかお酒を飲むことが長生きの秘訣みたいな部分が言われていますが、基本は体や頭を動かしているのです。

  • 投資家のウォーレンバフェット氏、88歳は、毎日コーラを5本飲む
  • 世界最高齢だったスザンナ・マシャット・ジョーンズ氏、116歳は朝食だけでなく1日中ベーコンをつまんでいた
  • 日本人最高齢大川 ミサヲ氏、116歳は1日3食で8時間睡眠をしっかりとる

次にキューサイ株式会社の「100歳大調査」というサイトを参考にしてみると、

100歳の方が語った長生きの秘訣は大きく分けて4つです。

  • 好き嫌いなく何でも食べ腹八分目
  • くよくよしない、過ぎたことは気にしない
  • 人との会話を楽しむ
  • ボランティアで社会に貢献し、人や社会と関わる

この上記4つの項目は、いきなり始めることって意外と難しいことではないでしょうか?

性格を前向きに変えるなどはそうそうすぐにはできないと思います。

また、人との会話を楽しんだり、ボランティアで社会貢献をするなど長年培ってきたものがあるからできるわけです。

つまり、長生きの秘訣は継続して行う習慣が大切なのだろうと思います。

長生きしている人は人生を楽しんでいる!

最後に

継続すれば、世界一になれる可能性が誰にでもある!

100歳でフルマラソンを完走したファウジャ・シンさんは100メートル~5000メートルの8種目競技で100歳以上の世界記録を樹立しています。

今回の実例に関してはすごく極端かもしれませんが、

継続が大切ですよって!ことです。ビグモリもランニングもブログも継続します!