ご機嫌いかがですか?ビグモリです。人が死ぬ前に最も後悔することについて調べてみました。

良かったらこの記事を見てる人も考えてみてください。

考えることで今からできることが見つかります(^_-)-☆

死ぬ直前にどんなことに後悔すると思いますか?

多分、ビグモリの場合は大切な家族と過ごす時間が少なかったら大きな後悔ができると思います。

だから家族第一です。辛いけど命あるものみんな死ぬんですな~。

もし後悔することが分かっているのならば、生きている間に知っておきたいところです(*^▽^*)

なるべくなら後悔なく生きたいな。

まあ後悔はしたくないからやっぱり後悔はない方が良いかな。

今回の記事の中身こんな感じ↓

・コーネル大学の研究「死ぬ前に人が最も後悔すること」の話
・実際に患者が「死の直前に語った後悔」の話

ネットとかビグモリの頭から引用

死の直前に人が最も後悔すること

コーネル大学の研究によると、「挑戦をしなかったこと」だそうです。

「人が最も後悔し苦しむのは、義務や責任に関してではない」そうです。

いつまでも心に残ってしまうのは「挑戦しなかったこと」「やらなかった後悔」だそうです。

この研究を自分に当てはめてみると、

ビグモリの場合は「挑戦しなかったことや」「やらなかった後悔」というよりも家族に「してあげられなかった後悔」というのは生まれてきそうかな。

ということは、今すぐ家族サービスです!

旅行や美味しい食事や家族団らんや子供との時間を作る!

死の直前に誰もが口にする「後悔の言葉」

この記事は、看護師さんが末期癌の患者の看護の時に、彼らが死の直前で口にした5つの後悔をまとめた内容となります。

  1. もっと自分らしく生きればよかった
  2. 働きすぎなければよかった
  3. 言いたいことははっきりと言えばよかった
  4. もっと友達と連絡をとればよかった
  5. もっと幸せを求めればよかった

なんというか、これが人生の終わりを迎える正直な気持ちなんだろうな~と思います。

普段は思いもしない、命=有限であるということを意識させられます。

気になったのが2番の「働き過ぎなけらばよかった」というところです。

仕事、仕事で追い込まれると後悔し、自分らしく生きられないし、家族、友達との時間も少なくなり幸せとは程遠い後悔を作りだしてしまいます。

「人生の時間=仕事」になってませんか?

仕事をすることを否定しているわけではありません。

家族と過ごす時間、友達と過ごす時間、自分が「幸せ」になる時間を作ることを意識しなければ、人というのは死の直前でようやく「幸せ」とは何かを意識し後悔してしまいます。

最後に

人生はゲームではなくてタイムリミットがあります。コンテニューができないのです。

あなたは何を大切に生きていきますか?

私は家族です。今日は家事を手伝い子供と妻を褒めて褒めて「感謝」を言葉と行動で示します。

お金は人生において無いより合った方が絶対良いですよね。ビグモリ家では共働きです。子供が好きなことができるようにお金が必要です。

だからといって働き過ぎはNGです。

ワークライフバランスを考えながら幸せを意識しながら生きていきます。

死ぬ前に後悔することが分かっているので後悔しないことをしていかなくては(^_-)-☆

【関連記事】