こんにちは!ビグモリです。なぜだか4歳の娘に、風呂上りなのに「汗拭いて汚い」って言われてしまいました。

まあそれは良いとしまして、

職場に何とも言えない臭いを漂わす人がいます。

臭いハラスメントと言いそうですが、「スメルハラスメント」というのが正しいようです。

汗臭いのと何かが混ざり合ってヤバイ臭いです。

パワハラ、セクハラは耐えられませんが、スメルハラスメントもなかなかのものです。

職場で嫌な臭いトップ3

ネット上でも調べてみましたが私も同感です。

1位:体臭

2位:口臭

3位:たばこ

だそうです。

個人的には、体臭(汗臭い)のとたばこの臭いが混じったのは苦手です。

得意な人はいませんね。。。

1位の体臭はどう伝えていいのかわかりませんよね?

私の上司が考え出した良い方法が対策となりました。

臭いハラスメントの対策

実際にうちの会社で行われた対策方法です。

ご参考になりましたら幸いでございます。

・全体の朝礼や会議で、他社や他の事業部で「臭い」ことで注意を受けた人がいるという例を出す。

だから「臭い対策は身だしなみです」と全体に啓蒙。

・取引先で「臭い」と言われた営業マンがいるということが問題になっていると話題を出す。

だから「臭い対策は必須」と全体に啓蒙。

このような感じで第3者を例に出し「臭い対策をしましょう」と訴えていくという方法です。

全体に対するメールなどでもいいかもしれません。

市場では口臭や体臭のチェッカーが発売されております・・・

この商品は面白いそうだが、これを使って臭う社員をチェックしにいくのも良いかもしれない。

上司には出来ない・・・。

タニタの口臭チェッカーを実際買ってみました。

今回は夕食後に測ってみたので少し口臭が出ています。

おそらく朝起きた時は3以上ではないかな・・・

判定目安はこんな感じ↓

私の購入したタニタの口臭チェッカーで自分は臭くないんだぞ~っていう証明にはなります。

普段自分の口が臭いなんて知るすべがあまりありません。

判断基準の一つにタニタの口臭チェッカーはおすすめです!

KONICA MINOLTA 世界初ニオイ見える化チェッカー Kunkun body

本格的に口臭、体臭、頭臭、脇臭、足臭など測りたいのであればコニカミノルタ KONICA MINOLTA 世界初ニオイ見える化チェッカー Kunkun body(クンクン ボディ)です。

一流のビジネスマンの必須アイテムになるのか・・・!

まとめ

社会人としてのマナーとして臭いには注意していきたいものです。

自分では気付いていなくても他人には気付かれているかもしれない・・・

なんてことにはならないように自分でも注意していかなくてはなりません。

私自身も気を付けて行かねば・・・

【関連記事】