ジョギングって精神面にどんな効果があるのか調べてみました!

ランニング

ジョギングを継続している人は心身ともに健康な人が多いのですが、ジョギングの効果は精神面にどう与えるのか調べてみました。

この記事を読むことによって、これからジョギングを始めようと考えている方やメンタルに不安のある方が、ジョギングなどの運動をすることによってメンタル面も強くなることがわかるようになります。

あなたのジョギングライフにお役立てください。

ジョギングによって脳も修復される

筋肉を使うと筋肉はいったん破壊されますが、これを修復することによって以前より強い筋肉に再生されていく。

これは、筋肉が強くなっていく過程としてよく知られていることですが、このことは脳の修復にも当てはまるのです。

このため、ストレスによりメンタルにダメージを受けた時、これを修復するためには実はジョギングなどの運動がとても有効なのです。

でも、普通に考えると「脳の筋トレはできないので脳は修復できないのでは」と思われるかもしれません。

そこで、頭の脳に近い顔を例に考えてみましょう。

顔も基本筋トレはできません。

でも、ジョギングや運動、筋トレなどを行ってダイエットの効果が現れると顔にもその効果が現れてきます。

これまでふっくらと丸型の顔がやや長細くすっきりと引き締まってきます。

脳の中でもきっと同じような変化が現れていると想像できるのではないでしょうか。

人間の体は全て繋がっているので、ストレスを受けたダメージを修復させるためには、ジョギングなどの運動が実はとても有効なのです。

人間は予期せぬ出来事や困ったことなどがあると、脳の中でこれを解決するためにエネルギーが使われるためにダメージが生じるのです。

この脳に受けたダメージを修復させるための、いわゆるスイッチ役としてジョギングなどの運動が重要な役割を担っていることがわかってきています。

人間はなぜ精神面が傷ついてしまうのか

学校や職場、社会における人間関係や勉強や仕事など私たちは常にストレスにさらされています。

でも、それらによるストレスは人それぞれダメージの程度が異なっており、人によってストレスの受け方が違うのです。

この理由は、そもそもストレスとはそれぞれの脳の中の想像の世界、すなわちイメージが多くを占めているためです。

普段から運動をして頭の中がスッキリしている人は、予期せぬことがあったとしてもそれらの情報を短時間で処理することができるため回復が早いのです。

一方、何も運動をしないために頭の中が整理できていない人は、予期せぬことを溜め込んでしまい、いつもぼんやりとした将来への不安がつきまとっているのです。

ストレス発散のためにもジョギングなどの運動がおススメです。

ジョギングなどの運動をすると幸せホルモンが分泌される 

「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」が不足すると気分が落ち込んだり、うつ病になってしまうことが知られています。

それではセロトニンはどうすれば沢山分泌するのかといえば、最も大事なことは、健康の基本であるバランスのとれた栄養と適度な運動です。

栄養面では、タンパク質と糖質が必要になります。運動ではウォーキングや軽いジョギングがおススメです。

また、適度に日の光を浴びることも必要なため、紫外線が強くない時間帯、最もおススメなのは朝の早い時間帯です。

このため朝日が昇る頃ウォーキングや軽いジョギングを30分から1時間程度毎日行えば幸せホルモンがたくさん分泌するようになるでしょう。

また、運動をすると脳細胞が育つこともわかってきています。

まとめ

ジョギングによって脳も修復される。

ストレスによりメンタルにダメージを受けた時、これを修復するためには実はジョギングなどの運動がとても有効です。

人間の体は全て繋がっているので、ストレスを受けたダメージを修復させるためには、ジョギングなどの運動が実はとても有効です。

人間は予期せぬ出来事や困ったことなどがあると、脳の中でこれを解決するためにエネルギーが使われるためにダメージが生じるのです。

このダメージを修復させるための、いわゆるスイッチ役としてジョギングなどの運動が重要な役割を担っていることがわかってきています。

学校や職場、社会における人間関係や勉強や仕事など私たちは常にストレスにさらされています。

普段から運動をして頭の中がスッキリしている人は、予期せぬことがあったとしてもそれらの情報を短時間で処理することができるため回復が早いのです。

一方、何も運動をしないために頭の中が整理できていない人は、予期せぬことを溜め込んでしまい、いつもぼんやりとした将来への不安がつきまとっているのです。

ストレス発散のためにもジョギングなどの運動がおススメです。

ジョギングなどの運動をすると幸せホルモンが分泌される。

「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」が不足すると気分が落ち込んだり、うつ病になってしまうことが知られています。

セロトニンはどうすれば沢山分泌するのかといえば、バランスのとれた栄養と適度な運動です。

栄養面では、タンパク質と糖質が必要になります。運動ではウォーキングや軽いジョギングがおススメです。

また、適度に日の光を浴びることも必要なため、紫外線が強くない時間帯、最もおススメなのは朝の早い時間帯です。

また、運動をすると脳細胞が育つこともわかってきています。


よく読まれてます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました