こんにちは!ビグモリです。

夏場はランニングはかなりきついですね~。

秋、冬とかなら10キロ~15キロが疲れるけど普通に走れる。

夏場だと、

マジで死ぬ・・・

走るなら朝5時とか6時くらいからが走り時ですね。

夏場の長距離には給水が必須です。

ということで、

ペットボトルを入れても揺れないランニングポーチを買いました!

ランニングポーチが揺れるのはかなりウザいです。

おすすめはサロモンのウエストポーチです↓

→ビグモリのレビュー記事はこちら

メンバーと朝5時に集合して15キロくらい走ったりもします。

夏場のランニングについて

夏場のランニングを制したらマラソンシーズンに力を発揮する!!市民ランナーレベルの方ならなんとなく実感されているかもしれません。

フルマラソンを2時間台とかの方には関係ないのかもしれませんが、ビグモリの所属するランニング部のメンバーはフルマラソンを3時間前半~4時間前半の方々も夏場のトレーニングの効果を実感してますよ。

夏場のランニングの効果

もう何年もメンバーとランニングを続けてますが、

夏場に練習をしてすぐに効果を発揮することはありません。

夏場のランニングの効果が発揮されるには涼しくなる9月くらいからです。

ただ、夏場でも涼しい時のタイムは早くなります。

「なんか楽~!」と感じます。

夏場のランニングは危険も付きものです。

決して夏場のランニングは無理をしないことです。

夏場のランニングは早朝か夜がおすすめ!

絶対に日中は避けましょう!!死にますよ!

寝坊して9時くらいから走り始めた時は5~6キロで精神が暑さに負けて帰宅します。

負けてというか身の危険を感じて家に帰ります( 一一)

暑い時は絶対におすすめしませんが、

暑い時に走ると、「俺は生きてる~!」と感じることができます。

生への執着を感じることができてなかなか普段の生活では味わえません。

長距離を走るならば、必ず!!!

給水!給水!ポケットに150円入れて走りましょう。

小銭がチャリンチャリンうるさいのでセロテープで巻いてもいいです。

もしくは、

ペットボトルの入るランニングポーチがあれば、小銭もペットボトルも入るにでおすすめです!

ランニングポーチのレビュー記事です↓

最後に

夏場のランニングの効果はすぐに発揮されません。涼しくなってくる9月頃にレベルUPしています。

また夏場の練習ではタイムも出なくて、かなり辛い時期でもありますが、そこはあまり気にしなくて良いです。

結果は後から付いてきます。