ジョギングはウエストの引き締めに役立つのか徹底調査!

ランニング

ウエストが引き締まった体型はとても魅力的です。

ジョギングはウエストの引き締めに役立つのか調査しました。

ジョギングでウエストを引き締めようと考えている方、お腹周りの脂肪を落とす効果的な方法をご紹介します。

この記事を読むことによって、これからジョギングに取り組む方に なぜ?ウエストに脂肪がたまりやすいのか
また、ウエストを引き締める走り方がわかるようになります。

あなたのジョギング&ダイエットライフの参考にしてください。

お腹周りの脂肪はどうしてすぐについてしまうのか

体を動かさない日が何日も続くとすぐにウエストサイズが太くなっていきます。

ズボンのウエストがきつくなってきた経験は誰もがあることだと思います。

そのような時は直近の運動量とカロリー摂取を振り返ると、ほとんどの場合が運動不足です。

わずか短期間でも運動不足の状態が続くと、お腹周りの脂肪はすぐに付いてしまいます。

これは人間の体の構造と仕組みに因るためで、私たちが摂取した過剰なカロリーは脂肪として真っ先にお腹周りに貯蔵されるためです。

お腹周りの脂肪は体の中心から手足まで徐々に脂肪がついていく順番のスタートに当たるからなのです。

 このため、カロリー摂取量 に対して運動による脂肪燃焼量が少なくなった状態が続くと、すぐにウエストに脂肪が溜まってしまうのです。

 ジョギングは継続することによってウエストの引き締めに役立つ

一度脂肪がついてしまったお腹を引き締めるためにはある程度の期間が必要になります。

だからといってダイエットによる極端な食事制限はおススメできません。

カロリー摂取量の見直しと一緒に体を動かすことが効果的です。

手っ取り早いのがウォーキングやジョギングです。

特にジョギングは継続することによってウエストの引き締めに役立つ最も有効な方法です。

これまでたくさんの方々がジョギングによってウエストサイズの激落ちに成功しているのです。

実は私自身もその中の一人であったりもします。

私の場合は特にウエストを引き締めたいという思いからではなく、全体的に体を絞る必要がありましたので、ジョギングを継続していたところ体重の減少と同時にウエストサイズも引き締まってきました。

私の経験から考えると、ウエストサイズを引き締めるためには筋トレで腹筋運動をするのではなく、毎日ジョギングを継続することによって脂肪を燃焼させていき、身体全体の体脂肪率が徐々に減っていく過程でウエストサイズが引き締まってくるのだと感じています

ウエストサイズを激落ちさせる効果的な走り方「おへその周りに少し力を入れて着地する」

長い距離を走る時に膝や足首に負担がかからない走り方は、腹筋を使って走ることです。

腹筋と言っても何か特別なことをするわけではなく、お腹に少し力を入れるようなイメージを持つだけでかなりの効果が期待できます。

特に地面に足を着地させる時には、おへその周りに少し力を入れて着地することで足への負担が軽減されると同時に、実はウエストサイズを激落ちさせてくれる期待も持てるのです。

ジョギングにあまり慣れてない方、初心者の方はジョギングする時には膝や足首に自分の体重よりも遥かに強い衝撃がありますので、ウエストサイズを引き締めるためだけでなく、足への負担を軽減するための方法として、おへその周りに少し力を入れることが実はとても大事なのです。

筋トレも合わせて行うことでさらなる効果が期待できます

ジョギングの後に腹筋のトレーニングも合わせて行うことでウエストサイズがさらに引き締まります。ある程度の時間ジョギングすると脂肪が燃えやすい状態になります。

この状態を作ったまま腹筋のトレーニングを行うことでお腹周りの脂肪を落とすことができるのです。

運動のし始めは体の中の糖分が先に使用されます。

20分ぐらいすると脂肪が多く使われていきますので、ウエストサイズを引き締めるにはこの状態での腹筋トレーニングが有効なのです。

プロテイン摂取で効率よく引き締めを!

まとめ

体を動かさない日が何日も続くとすぐにウエストサイズが太くなっていきます。

わずか短期間でも運動不足の状態が続くと、お腹周りの脂肪はすぐに付いてしまいます。

私たちが摂取した過剰なカロリーは脂肪として真っ先にお腹周りに貯蔵されるためです。

カロリー摂取量 に対して運動による脂肪燃焼量が少なくなった状態が続くと、すぐにウエストに脂肪が溜まってしまうのです。

ジョギングは継続することによってウエストの引き締めに役立つ。

一度脂肪がついてしまったお腹を引き締めるためにはある程度の期間が必要になります。

カロリー摂取量の見直しと一緒に体を動かすことが効果的です。

手っ取り早いのがウォーキングやジョギングです。

特にジョギングは継続することによってウエストの引き締めに役立つ最も有効な方法です。

ウエストサイズを引き締めるためには筋トレで腹筋運動をするのではなく、毎日ジョギングを継続することによって脂肪を燃焼させていき、身体全体の体脂肪率が徐々に減っていく過程でウエストサイズが引き締まってくるのです。

ウエストサイズを激落ちさせる効果的な走り方「おへその周りに少し力を入れて着地する」

長い距離を走る時に膝や足首に負担がかからない走り方は、腹筋を使って走ることです。

お腹に少し力を入れるようなイメージを持つだけでかなりの効果が期待できます。

特に地面に足を着地させる時には、おへその周りに少し力を入れて着地することで足への負担が軽減されると同時に、実はウエストサイズを激落ちさせてくれる期待も持てるのです。

筋トレも合わせて行うことでさらなる効果が期待できます。

ジョギングの後に腹筋のトレーニングも合わせて行うことでウエストサイズがさらに引き締まります。

運動のやりはじめは体の中の糖分が先に使用されます。

20分ぐらいすると脂肪が多く使われていきますので、ウエストサイズを引き締めるにはこの状態での腹筋トレーニングが有効なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました