30代独身男性は孤独なのか?一生独身で後悔するパターンを紹介

30代後半からの挑戦

昔と違って今は結婚に対する価値観が多様化してるので、30代で独身の男性が増えてきていますよね。

独身ですから基本的に孤独です・・・とは言えませんが、

一生独身を貫いて後悔してしまうというパターンもあります。

ショッキングなシナリオではありますが、生涯独身の男性に訪れる可能性があるシナリオを紹介します。皆が皆この通りではありません。

30代前半くらいまでは独身を満喫できる!

だいたい30代前半ぐらいまでは、束縛のない気ままな独身生活を満喫できます。

まさに自由です。

たとえば20代の若い女性と遊んでも、別に誰にも文句を言われませんよね。

未婚ならどういう交遊関係を持とうと本人の自由です。

また独身を満喫できるのは、女遊びだけに限りません。

今は趣味にのめり込む独身男性がたくさんいますよね。

鉄道・アウトドア・スポーツなどの趣味を持つ独身男性は少なくありません。

さらにゲーム・アニメ・マンガなどに、はまりお金をつぎ込む独身男性も多いです。

このような女遊びや趣味にのめり込んで独身を満喫できるは、30代前半くらいまでだといえるでしょう。

それ以降はだんだんと孤独の度合いが強くなります。これからが本当に孤独を味わうことになります。

30代独身にはわからない・・・40代独身から始まる本当の孤独とは?

30代独身男性にはまだピンときませんが、40代で独身だと本当の孤独が始まります。

友人たちは結婚して子育てに忙しい。たとえば同世代の旧友たちの状況を確認するとわかりやすいです。

20代、30代で結婚した友人たちは、40代になると子育てに忙しくなりますよね。

子育てはとても大変ですが、愛する奥さんと子どもがいる、孤独とは無縁の生活を送っています。

ですが40代独身の場合、奥さんや子どもはいません。

家に帰ってきても「おかえり」と言ってくれる人はいませんし食事をするにも1人ですから、強い孤独感を覚えます。

体が衰えることへの不安

体が衰えるのを如実に感じるのも、40代の特徴です。

結婚していて自分の家族がいれば、いざとなったら家族に助けてもらえますよね。

何かあっても奥さんが支えてくれますし、子どもは精神的な支えになります。

ですが40代独身に、体が衰えた時の家族のサポートはありません

病院などで熱が出たり体調が悪くなって身動きが取れない時は命の危機すら感じてしまいます。

体の不調を感じるたびに孤独感を覚えて不安が増大します。

コンビニの弁当を食べているのはNGです。せめてバランスの取れた食事をとりましょう。

【ライザップの宅配弁当】サポートミールの口コミを紹介!ワタミの宅食との違い

40代は若い女性から相手にされなくなる

まだ30代はギリギリお兄さんかもしれませんが、40代はもう立派なおじさんです。

最近は年上のおじさんが好きだという若い女性もいますが、それは残念ながら少数派です。

若い女性から相手にされなくなって恋愛の対象として見られない孤独感を、40代男性は味わうことになります。

40代独身男性は親の介護を1人でおこなう可能性がある

親が高齢者で介護が必要となることも・・・

自分が40代なのですから親も当然、高齢者ですよね。

健康で親だけで自立した生活ができればいいですが、そうならないこともあります。

たとえばそれまで元気でも、1度大病を患って介護の助けが必要となるケースはめずらしくありません。

そうなった時、40代独身男性は親の介護を1人でおこなうことになります。

40代になって衰えを感じ始めた体で、仕事もしながら親の介護をおこなうのは大変です。

生活が仕事と介護に占められ、自分の時間を持てません。

恋愛などしてる場合ではなくなります。

しかたないこととはいえ「何のために生きているのか」と孤独を感じずにはいられないでしょう。

独身だと介護を奥さんと分担できない

もしも結婚していたら親の介護を奥さんと分担できますが、独身だとそういうわけにはいきません。

少しでも構わないので奥さんに介護を手伝ってもらえたら、介護がだいぶ楽になりますよね。

独身は他に頼れる家族がいないため、親の介護を一手に引き受けることになります。

孤独を回避したければ30代から婚活をするべき!

もし40代以降の孤独を回避したいなら、30代のうちから早めに婚活するのがおすすめです。

30代男性は、婚活で十分勝負になります。

「どうやって婚活すればいいかわからない」という男性は、マッチングアプリや結婚相談所の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

今の結婚したい男性は、これらのサービスを有効活用しています。

30代で結婚を決めれば、40代以降の孤独は回避できます。

もし「孤独はごめんだ」と心から思った男性は、なるべく早く婚活を始めましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました