月間200kmランニングは痩せる?性欲は落ちるのか検証

ランニング

こんにちは!ビグモリです。

ランニング仲間に月間200km以上走るメンバーがいます。

仕事中でもラインでアダルト系の写真を送ってきたり、かなりのエロです。

そして、かなりの大食いです。

ジョイフルでは大盛ごはん


月間200km以上走っているのに、まさかの・・・

体重増になります。

どんなに走っても食べ過ぎたら、まず痩せません。



フルマラソン後の焼肉

因みに、月間200km以上走っているメンバーはアルコールは一切飲みません。

うちのメンバーには月間300km以上入るメンバーもいます。

月間300km走れば何を食べても太りません。

月間300km以上走ると、良いのか悪いのか性欲は少なくなりました。

そして、大食いなど体に不可のかかることを一切しなくなったメンバーがいます。

では、本題に入ります。

月間200km以上走ると性欲は落ちたのか?

一般的には月間200km超えるような運動をし過ぎると性欲減退すると言われていますが、本当なのかメンバーに聞いてみました。

月間200km以上を走るメンバーが数名います。

実際に月間200km走ったらどうなるか聞いてみました。

というめちゃくちゃリアルな回答です。

月間200km超えても性欲は落ちません。

何かサプリなど飲んでいるのか聞いてみると、

なんと、HMBサプリだけだそうです。

HMBで性欲UPするというのは、ないとは思います…!

一応、当ブログにも男性におすすめできるプロテインやHMBサプリを紹介しています↓

ただし、これは37歳男性の話です。

40歳を超えるとどうなるかわかりませんが、年齢と共に性欲は落ちていくのです((+_+))


性欲減退を感じたらマカ系がおすすめです。
500円お試し!いつまでも現役でいたい方に!マカの皇帝「マカエンペラー」

減退していないのに、好んで飲むというメンバーいますよ。

調べて分かった性欲が落ちる年齢

40歳以降に男性更年期に陥る可能性があります。

月間200km走るようなランナーで早朝勃起が弱まったな~と感じる方は要注意です。

走り過ぎによるホルモンバランスの乱れと男性更年期で、テストステロン値が減少している可能性があります。

このテストステロンというのは「脳、筋肉、脂質代謝」などに関係するホルモンのことです。

男性なら誰もが男性更年期が起こる可能性があります。

毎月フルマラソンを走るような人なら、一度走ったら2カ月はリカバリー時間を設けたり、3週間しっかり練習したら1週間は休むなどの休息が必要です。

NHKオンラインでは40代以降の男性更年期に補中益気湯という漢方の紹介がありました。

補中益気湯はドラッグストア、楽天、アマゾンでもどこでも販売されています。

病院でも処方される医療用医薬品でもあります。

んでも、男性にはマカですね!



最後に

月間100~200kmのランニングでも食事制限なしに食べ過ぎていたら体重は増えます。

そして、月間200km以上走っても精力は落ちてはいません。

ただし、男性の生理機能で40歳を超えるとテストステロンというホルモンが減少し、様々なやる気が落ちてくる時期が訪れる。

これを男性更年期と言い、この男性更年期の時に走り過ぎると性欲が落ちてしまう可能性がある。



45~55歳の男性市民ランナー43人について、1ヵ月間の走行距離と血中で遊離しているテストステロンの濃度を調べた研究があります。

走る距離が100kmくらいまではテストステロンの分泌が増えますが、120キロ辺りから減り始め、200kmを超えると大きく減っていたんです!

いきなり月間200km超えるような運動は下手をすると、命に係わります。

なのでやり過ぎはNGです。

「脳、筋肉、脂質代謝」に関係するテストステロンというホルモンが減少すると、頭痛や不眠、筋肉の減少、骨がもろくなるなど、沢山の体の不調を表すSOSのサインが出てきます。

さらに精神面にも大きく影響しており、意欲が衰え、気持ちが沈み、脳血管疾患、心筋梗塞、がんなど、命にかかわる病気のリスクも高くなると言われています。

参考記事→運動し過ぎは男性ホルモン減らし、死亡率も上昇

なので、ほどほどに無理せずに末永く走りましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました