仕事を辞めたい、疲れた30代がするべき活動とは?

仕事を辞めたい30代がすべきこと 30代転職

毎日、疲れますね。嫌で嫌でたまらない仕事を辞めたくても、辞められないという悪夢のような毎日を送っている30代はあなただけではありません。

今の仕事に見切りをつけて退職を考えている30代男性も多くいらっしゃることでしょう。

30代男性は、まだまだのびしろのある年齢です。まだ中堅に該当するので、新しい勤務先でも固定観念にとらわれず柔軟に対応してくれるという期待値も存在しています。

ある程度経験や実績があり、入社後すぐに即戦力になる点に対してはかえって20代男性よりも価値もあります。

きっぱり現職とはサヨナラしたいものの、そう出来ないのも転職です。30代男性が転職を考えた時にやるべきことを解説していきます。

そんな迷いを持つ30代の方のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

「仕事を辞めたい」と日々疲れた30代がするべき行動

独身or既婚?

仕事に疲れた……、バッサリ仕事を辞めたい……。独身なら、自分自身の決断で行動して問題はありません。

問題は、結婚している方々です。30代なら結婚していることも少なくありません。仕事を辞める時には、絶対に前もって家族の了承を得る必要があります。

更に退職から転職へとの流れをスムーズにするため、早め早めの意識で転職サイト、転職エージェントに登録することが大事です。

転職サイト、エージェントを利用することでキャリアアップにつながる可能性が高くなります。特に転職エージェントは転職のノウハウを知り尽くしたコンサルタントが介入し、あなたの強みを第三者の目から発見してくれることでしょう。

今すぐ転職ではないという方はリクナビNEXTに登録やミイダスで自分の経済的市場価値を診断するのもおすすめです。

長期的なキャリア形成の相談にも乗ってもらうことができ、履歴書・職務経歴書の添削、また、受かりやすい面接の練習もしてくれることがあります。

そして、転職先が決定すれば上司に退職の意思を伝えます。退職日の1~3カ月前あたりが基本の前提ですので、自社規定も確認しておきましょう。

30代の「疲れる仕事を辞めたい」は甘えてる場合もある?

仕事辞めたいは甘え

なんで会社を辞めたいと思っているのでしょうか。

人間関係で辞めたいという方々もいらっしゃるでしょう。

給料がなかなかアップしない、仕事がキツイ、体調不良、結婚をキッカケとして退職という方々も少なくありません。

転職というのは次のステップアップのキッカケにすることもできます。

いろいろな理由で退職する方々がいますが、30代男性ならまだひとつの転機として考えることができるでしょう。

ただし、抑えておきたいポイントは、その退職が単に甘えでないかということです。

甘えを自分に許してしまえば、転職してもまた同じことが起きてしまいます。そうすれば再び甘えで転職を考えることになるでしょう。

社会では何度も転職を許している訳ではなく、仕事が全然長続き出来ないで使い物にならないというレッテルを貼り付けられてしまうこともあります

転職を多く繰り返している方々は、企業から得られる信用が失われてどんどん不利な立場に追いやられてしまうことになります。

もしも、退職が甘えであれば転職しないでその場に留まる選択肢も考えてみましょう。転職をして「何がしたいのか?」が明確ではない人はまだここに居留まるべき人です。

一度自分の市場での価値がどのくらいなのか転職エージェントに面談してみるのもいいでしょう。

【30代】仕事を辞めた方がいいのか判断する方法

仕事を辞めるor続ける

退職した方がいいのか、どのような点を意識して行動すればいいのでしょうか。先述した「甘え」に対しても言えることですが、退職しない方がいいという選択肢はあります。

仕事を辞めるべきか判断基準
  • 仕事を辞めたい気持ちが一時的かもしれない場合は様子を見る
  • 上司との人間関係が悪い、給料がよくない、サービス残業、パワハラなど、改善の余地がないのなら退職する
  • 今の仕事内容に不満、もしくはブラック企業感がある場合は退職を検討する

現在の仕事を辞めたいけどその気持ちが一時的というのなら、もう少し検討の余地があります。この段階で退職を決定してしまうのはあまりにも見切り発車です。

「仕事を辞めたい!」のが一時的な感情なのか確認しましょう。

会社は、実際に転職しても、「どこの会社も似たようなものである」という見かたもできます。転職先で100%合致する会社を求めても、あとあと絶望してしまうだけです。

また30代転職であればまだ転職先はある方ですが、実際には20代のうちに転職をしたほうが有利なのも事実です。

企業が求めるスキルがある30代は転職市場でも評価されているのでチャンスを逃さないように慎重に向きあう必要があります。もしもあなたに特有のスキルがあれば、転職に不利になるようなことはありません。

実際の求人で、人事担当者の募集で営業経験3年以上、新人研修など行った経験がある方を募集。という求人もあるので、どんなことが企業から見てスキルになるのか把握する意味でも転職エージェントとの面談はやった方がいいです。

退職する方々の多くの理由は職場の環境です。上司とうまくやっていくことができない、給料がよくない、サービス残業をさせられてとてもつらい……など改善の余地はないのか再度検討することが大事です。

上司との相性が悪いということに対しても、どうしても我慢しなさいというつもりはありません。再度検討、改善の余地がないと判断した場合、次の理想を求めて退職を検討するといいでしょう。

人間関係・上司との相性に我慢できなく、改善の余地がなければ退職を検討してもいい

転職したい……。同じ悩みを持っていても転職した方がいい、転職しない方がいいそれぞれの立場に分かれます。ストレスが溜まってしまえばストレスから逃げたいから一刻も早く転職を考えるケースもありますが、やっぱり焦りも失敗の要因です。

今の仕事に大きな不満を抱えている。改善しようと努力をしたけどどうにもならなかったという場合は、転職をそろそろ検討する頃です。最近では減少して来ましたが、ブラック企業もありますので、そのような会社に居留まっても何もいいことはありません。

今の仕事内容に不満、改善の余地がなければ退職を検討してもいい

ブラック企業で仕事をしている方々も、長年その会社で仕事をしているとブラックという認識は段々と薄れると言います。ですから手後れにならないようそれ以前に対策を取る必要があります。

ちょっとでもブラック企業だと判断すれば、充分それは転職のキッカケとすることができます。ブラック企業の判断は、

  • 給与が同業他社と比較して安過ぎる
  • 残業時間が長い
  • 根性論とか精神論が当たり前にまかり通っている
  • 離職率が異常に高い
  • ノルマ設定が非常に高く誰も達成できていない
  • かなか休憩を取れない
  • 休みが少ない
  • パワパラ・セクハラ・モラハラが横行している
  • 期間を問わずいつも大量社員を募集している
  • 残業代が支払いされない

このあたりです。

そのようなブラック企業に勤務している方々は即転職を検討しましょう。ただし、そのような会社は退職自体簡単に認めてくれない可能性もあります。

低費用で確実な退職代行【退職代行ガーディアン】

さらに将来独立を考えているという方々は、転職によって視界を広げることができ、プラスに働くことも多くあります。企業によって社風、考え、業務への取り組み方などに大きな違いがあります。

同じ業種であっても、転職で得られるものは多くあります。

まとめ:仕事を疲れて辞めたい30代におすすめな転職方法

いかがでしょうか。今回、30代男性の方々が会社に疲れてしまったとき転職するか否かについて解説をしました。

30代男性の方々に転職の選択肢はありです。充分、転職を“使える武器”として社会と向きあって欲しいと思います。

ただし、再度検討する意識はとても大事です。会社を退職したいと思うのは単に甘えではないでしょうか。

見切り発車で会社を退職しても100%理想を満たしてくれる会社などに転職出来る方々はほとんどいません。そのあたりのこともよく考え、転職活動をしましょう。

転職には、転職サイト、転職エージェントを充分役立てることができます。まずは退職よりも転職ありきです。具体的に道筋を作り行動するようにしましょう。

そして、結婚している方々は家族に相談することも忘れず行ってください。退職が原因で離婚してしまったというケースもとても多くあります。

旦那が転職して本当に良かったことは何?50人の妻の本音を暴露

コメント

タイトルとURLをコピーしました