こんにちは!ビグモリです。

今回は2019年1月20日 (日) に開催された長府城下町マラソンのレビューをします。

参加したのは、ランニング部の高田さんです。

10kmのコースですが、正直10キロはめちゃきつい!!!

距離が短い分、ペースが速くこれはこれで疲れます。

上記のコースマップを見てお分かりかと思いますが、グルグルしたコースで走りにくい印象です。 大会当日は雨ですがこんな日もあります”(-“”-)”

スタート地点は長府中学校で、まずここを4.75周します・・・グラウンドが水浸しで、早くも靴下が濡れました。

給水ポイントは1カ所あります。

コースでは簡単なアップダウンがありますが、最後に急な坂が出てきますので覚えておきましょう。

最後の坂で力尽き、歩く方もいます。

あっという間のレースでしたが、無事完走!

高田さんのグロス

おめでとうございます!!

長府城下町マラソン「攻略のポイント」

知り合いでもある大会3連覇の浜田さんのジョグノートを覗くと、レース攻略のポイントは「モンキーターン」ということのようです。

カーブが多く、初参加の方は減速してしまいがちですが・・・スピードを落とさずの「ターン」が重要だそうです。

というのも、

カーブで減速し、足に力が入り疲労が溜まります。

このカーブを滑らかにターンすることで、足に負担をかけずにリズミカルに攻めることができるのです。

これは有益情報ですよ~(^^)/

今大会で履いたシューズはこれっ!

クッション性や反発力 も兼ね備えた100キロマラソンでも愛用者も多いターサージールを履いての参加でした。

ここぞという大会にはAdoptメッシュで通気性と軽量化の整った「ターザージール6」も良いですよ。

上級者向けシューズだからといって自分には向いていないのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、そんなんことありません。

普段の練習から履くわけではなく、ここぞという大会用におすすめです。

びっくりするくらい軽く、素足のようなフィット感を味わってみては・・・!?

因みに練習では、GT-2000がおすすめです。市民ランナーの川内選手も愛用ですよ。

まとめ

長府城下町マラソンに関しては、初めて大会に参加するという方にはおすすめの大会です。

小学生から大人の方も楽しめる大会です。

日々練習の練習の力試しやハーフマラソンやフルマラソンの調整としての参加もいいのではと思いますよ。

地元の方々の応援も温かく長府の城下町を走ってみてくださいね!!!

ランニング部、スポンサー広告

【関連記事】