ジョギングVS筋トレはどちらがダイエット効果がある?

ランニング

ジョギングと筋トレではどちらがダイエット効果があるか調べてみました。

ダイエットには脂肪が燃えやすいジョギングがおススメですが、筋トレと併せて行うことでリバウンドを防ぐことができます。

ジョギングと筋トレにはそれぞれメリット、デメリットがあります。

この記事を読むことによって、これからジョギングや筋トレに取り組もうと考えている方に、有酸素運動と無酸素運動の特性がわかるようになり、効果的なトレーニングができるようになります。

あなたのジョギング&筋トレライフの参考にしてください。

ジョギングと筋トレどちらもダイエット効果がある

ジョギングと筋トレ、ダイエット効果については意見が分かれています。

筋トレに取り組んでいる方の解説がいくつかあり「筋トレの方がダイエット効果がある」として説明されていますが、筋トレに取り組んでいる方の個人的な思いが強いように見受けられます。

筋トレの方が効果がある=筋トレ好きの個人的な思い

また、ジョギングと筋トレ両方を組み合わせて取り組んだ方が効果的にダイエットできるとしている内容が多くありました。

そこで、結論としては、ジョギングと筋トレはどちらがダイエット効果があるのが考えるのではなく、どちらもダイエット効果があるので両者を上手に組み合わせてダイエットに取り組むべきということです。

ジョギングは有酸素運動で筋トレは無酸素運動、それぞれの特性を深掘りしてみるのも良いですが、どちらも体を動かす運動であることに変わりはないのです。

ジョギングは筋トレでもある

ジョギングは足腰の筋肉を使うために、上半身の動きがないように見えるのですが、腰から上の部分、特に重たい頭を支えながら走るためには上半身の筋肉も使っているのです。

特に腹筋が大事で、腹筋を意識しながら走ることで足への負担も軽減されるのです。

また、走る際には必ず両腕を前後に振っています。

この腕振りの動作も腕周りや肩から背中にかけて筋肉を使っています。

足を前後に常に動かしているため、上半身の筋肉は目立たないのですが、走る動作を支えて維持するために上半身の筋肉も実は鍛えられているのです。

ただし、筋トレのような分厚い筋肉となるような動きではなく、走ることによって上半身の余計な脂肪が燃焼され、走る動作を支えるための筋肉が鍛えられているのです。

筋トレでダイエットしている人について

ボディビルダーのような体型の方が YouTube で「ダイエットするならジョギングではなくて筋トレを行うべき」といった内容で解説されている動画がいくつもありました。

これらの方に共通している点は、これらの方はジョギングはしないで筋トレのみをしており、プロレスラーのような上半身の分厚い筋肉があるのですが、長距離を走ることには 向いていない体型なのです。

説明の中でも「長距離やフルマラソンは走れません」と話していました。

このような体型の方の場合、偏ったトレーニング方法による弊害状態に陥ってしまった身体であると考えられます。

ダイエットのために筋トレを始めたところ継続することにより体が絞れ筋肉がついてきた。

途中からプロテインを飲みながら筋トレを続けたところマッチョマンになってきた。

体重は筋トレを始めた頃は徐々に減少していったが、筋肉がついてきたら逆に体重も増えてきた

このためあまり体重が増えないように食事と筋トレの内容を常に気をつけなければならない。

一方、ジョギングでダイエットに取り組んだ場合、継続していくことにより徐々に体重が減少していくのと同時に体の免疫力が高まるのです。

このため、風邪などのウィルスに強い体に変わって行くことができるのですが、筋トレのみ行なっている場合は免疫力を高めることは望めません。

また、動画の中で「筋トレをすることによって太りにくい体になる」と解説しているのですが、筋肉がたくさんあることによって同じ動きをしてもエネルギーが筋肉で使われるために確かに太りにくい体になります

でも、普通に生活を送るうえでプロレスラーのような分厚い筋肉は必要ないと思うのです。

女性から見ても度を超えたマッチョマンには近づきたくありません。

さりげない細マッチョが一番素敵だと思います。

ジョギングVS筋トレのダイエット効果まとめ

ジョギングと筋トレ、ダイエット効果については意見が分かれています。

結論としては、ジョギングと筋トレはどちらがダイエット効果があるのが考えるのではなく、どちらもダイエット効果があるので両者を上手に組み合わせてダイエットに取り組むべきということです。

ジョギングは有酸素運動で筋トレは無酸素運動、それぞれの特性を深掘りしてみるのも良いですが、どちらも体を動かす運動であることに変わりはないのです。

ジョギングは筋トレでもあるのです。

ジョギングは足腰の筋肉を使うために、上半身の動きがないように見えるのですが、腰から上の部分、特に重たい頭を支えながら走るためには上半身の筋肉も使っているのです。

ジョギングでダイエットに取り組んだ場合、継続していくことにより徐々に体重が減少していくのと同時に体の免疫力が高まるのです。

このため、風邪などのウィルスに強い体に変わって行くことができるのですが、筋トレのみ行なっている場合は免疫力を高めることは望めません。

「筋トレをすることによって太りにくい体になる」と解説しているのですが、女性から見ても度を超えたマッチョマンには近づきたくありません。

さりげない細マッチョが一番素敵だと思います。

細マッチョになるためには、両者の特性を理解したうえでジョギングと筋トレを上手に組み合わせたトレーニングの継続が大事です。

ジョギングと筋トレには境界線はありません。

どちらも健康的な体作りにはとても有効な方法なのです。

偏ったトレーニングに陥ることなくジョギングと筋トレを上手に組み合わせてあなたのダイエットライフにお役立てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました