30代になってもわからないことだらけの仕事は辞めるべき?

30代後半からの挑戦

20代を終えて30代になっても、仕事の悩みは尽きません

30代にもかかわらず仕事がわからないことばかり・・・

思い切って転職すべきかで悩むこともあるかもしれません。

自分の能力が会社の求めるスキルに追いつかない場合や、社内異動による職種変更で仕事がわからないことだらけで辛い思いをされる人もいます。

そこで能力不足を自覚する30代男性は転職すべきなのか、仕事がわからない場合はどのように解決すればいいのかをご紹介致します。

おすすめ転職エージェント&転職サイト
スポンサーリンク

わからないことばかりで能力不足の30代は転職すべきか?

まだ経験の浅い20代ならまだしも、30代で能力不足を痛感した場合は仕事を辞めるべきか考えてしまいます

そこで辞めたほうがいい場合と、辞めない方がいい場合について解説します。

仕事を辞めた方がいい場合

30代になっても能力不足で芽が出ず将来にまったく希望を持てない場合は、仕事を辞めた方がいいです。そのまま同じ仕事を続けていても、結果が出なくて悩む日々を送ることになります。

また能力不足以外に、適性が合わず不向きなだけの可能性もあります。十分努力したのに結果が出ないなら、思い切って転職するのがおすすめです。

転職してまったく違う仕事に就くことで、才能が花開くケースはよくあります。

仕事を辞めない方がいい場合

たとえ能力不足を痛感していても、仕事を辞めない方がいい場合もあります。それは上司に恵まれている時です。上司が有能で尊敬できる場合は、もう少し頑張ってすぐには辞めない方がいいです。

会社の上司は選べないので、上司に恵まれた幸運を自ら手放すのはもったいないです。有能な上司のサポートを受けながら努力すれば、結果が出る可能性があります。

また他にまだ努力する余地があるなど未練がある場合も、仕事を辞めない方がいいです。その状態で無理に辞めると後悔する可能性が高いので、やり切ったと納得するまでは続けましょう。

30代のわからない仕事を解決するためにやるべきこと

仕事がわからなくて結果が出ない時は、その問題を解決するためにやるべきことがあります。2つのやるべきことについて紹介します。

得意先との会話や質問を録音やメモをとる

自分の記憶力だけを頼りに仕事をするのは、ミスを招く原因になります。そこで得意先とどんなやり取りをしたのか忘れないために、会話や質問の録音やメモをとるのがおすすめです。

得意先とのやりとりを録音やメモで記録しておけば、後で忘れてしまってもカバーできます。録音を聞き返したりメモを読み返すことで、やり取りの内容を正確に把握できます。

また録音やメモを何度も確認すれば、得意先がこちらに何を求めているのかわかります。地味な努力ですが、録音やメモをとるのはわからない仕事を解決するのに有効的です。

上司や同僚にとことん聞く

「もう30代なのにわからない仕事を上司や同僚に聞くのは恥ずかしい」と思うかもしれませんが、わからない仕事を解決したいなら上司や同僚にとことん聞いたほうがいいです。

自分で考えてわからないなら、わかる人に聞くのが手っ取り早いです。「上司に聞いたら呆れられる」「同僚に聞いたら嫌な顔をされる」など、聞くのをためらう気持ちがあるかもしれません。

ですが上司や同僚にとことん聞き、仕事ができるようになるのが最も大切です。最初は聞きにくいと感じても、勇気を振り絞って聞いてみたら案外快く教えてくれるケースは多いです。

そもそも上司は部下に仕事を教えるのが仕事ですし、同僚も仲間がSOSを出していれば手を貸してくれるのが普通です。わからない仕事を解決したいなら、恥を忍んで上司や同僚にとことん聞きましょう

【30代】仕事がわからないことだらけで辞めたい時にすべき行動

「仕事がわからないことだらけで辞めたい」「もう今の仕事を続けられない」と辞める意志が固い場合は、辞めるための具体的な行動を起こす必要があります。

ただ単に辞めるとデメリットが大きいので、準備や相談が欠かせません。辞めたい時にすべきおすすめの行動は以下の2つです。

独身なら転職サイト、転職エージェントに登録など

まだ独身で仕事を辞めることのリスクがそれほど大きくない場合は、次の仕事を探すために転職サイトや転職エージェントに登録しましょう。

おすすめ転職エージェント&転職サイト

これらの転職サポートサービスは非常に充実していて、登録者の希望する条件をもとに適切な仕事を次々と紹介してくれます。仕事がどうしてもわからないのは、能力不足だけでなく単に仕事との適性が合わなかっただけの可能性もあります。

ですから辞めることをネガティブにとらえず、ポジティブにとらえて新たな仕事を探すための準備をします。転職サイトや転職エージェントのサービスは数が多いので、どれが最適なのか判断する必要があります。

それぞれのサービスの特徴や強みを正確に理解し、じっくり比較してから登録先を選びましょう。今後の人生を決める大事な選択ですので、どんな仕事がしたいのかを自問自答しながら慎重に決めて下さい。

転職サイトや転職エージェントに登録したら、あとはサービスに従って納得のいく仕事を探すだけです。30代で転職するのは決して遅くありません。自分の可能性を信じましょう。

既婚者なら家族相談など

仕事を辞めることに相応のリスクがともなう既婚者は、まず家族相談を最優先させて下さい。既婚者の場合、仕事を辞めることが個人の問題だけにとどまりません。

妻と子どもを含めた家族の問題です。一人だけで勝手に決めず、家族に相談してからどうするのかを決めるべきです。もしも仕事を辞めたら、次の仕事が決まるまでは収入がなくなります。

独身で一人暮らしなら生活費を切り詰めればどうにかやり繰りできますが、既婚者の場合はそうもいきません。最悪の場合、妻や子どもを養えなくなる可能性もあります。

仕事を辞めることが本当に正しいのか、次の仕事の目途は立っているのか、家族に苦労をかけさせないかなどを、真剣に考えなければいけません。既婚者が仕事を辞める際は、まず家族とよく話し合いましょう。

家族と相談し転職の合意が取れたら、転職サイト、転職エージェントに登録して活動を行いましょう。

10年以上勤めた会社を辞めるけど無事に転職できるのか?

まとめ

能力不足を自覚する30代男性は転職すべきなのか、そして仕事がわからない時にどう解決すればいいのかのご紹介でした。

30代男性は仕事を辞めた方がいい場合と辞めない方がいい場合がありますので、置かれている状況を冷静に判断して決めましょう。また辞める決断をする前に、仕事がわからない問題の解決を目指すことも当然重要です。

それでも辞めたい場合は、独身なら転職サイトや転職エージェントへの登録、既婚者なら家族相談などを真っ先にしましょう。30代男性の転職は人生のターニングポイントですので、熟考して慎重に判断して下さい。

【30代】スキルがないけど転職したい!そして絶望しない方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました